トピックス

1970/01/01 新興国ソーシャルベンチャー共創プログラム
インタビュー

プロフィール

名前:荒木 友莉恵

チーム名:OZ

共創社会起業家:KRAKAKOA

所属:大手アパレル製造小売業(商品計画)

経歴:武蔵大学→アパレル製造小売業(店長→商品予算策定および計画立案)

趣味:一人旅、ダンス、ショッピング

座右の銘:まずやってみる。 なりたかった自分になるのに、遅すぎるということはない

年代:30代前半

 

参加した理由

KRAKAKOA代表のサブリナ(真ん中)と。

 

ずっと自信のない自分を変える一歩を踏み出したいと思っていました。そのためには肩書きを取った自分の能力を知ることが必要だと思い、Co-Proでは仕事から離れ、自分の知らない新しい世界の中でそれにチャレンジできると感じました。

 

また、年齢もバックグラウンドも違う人達と一緒にプロジェクトを進める中で、新たなキャリアを見つけるきっかけにしたいと思い、とても迷いましたが飛び込んでみることにしました。

 

実際にインドネシアに渡航することができ、社会起業家の熱量を目の当たりできると思った点も参加理由の1つです。

 

参加中に印象的だったこと

最終報告会での写真。

①渡航時にカカオ農家の方々から直接お話を聞くことができたこと

農家の方々が誇りを持って良質なカカオ豆づくりに取り組んでいることを肌で感じました。

 

これはKrakakoaのCEOであるサブリナの、農家の生活水準やインドネシア産カカオ豆の地位向上を目指したいという思いが農家の方々にしっかりと浸透している結果であり、ここまでの関係性を0から築き上げたサブリナの熱量が純粋に凄いなと思いました。強い思いは人を動かし、良い方向に変えることができると学ぶことができた経験でした。

 

②第2回目の渡航でサブリナが本音で話してくれたこと

人生を賭けて目指したい姿や自分の使命感、大切なものを言い切るサブリナの姿を目の当たりにし、彼女の確固たる意思に響くものがありました。

 

いろんな葛藤や苦悩、怖さを持ちつつも、自分の思いに真っ直ぐなサブリナを見て、私も彼女の様に強く、自分の思いに素直な人生を歩みたいと思いました。

 

③チームメンバー、GEMSTONE伴走メンバーの存在

年齢もバックグラウンドもバラバラなメンバーには数え切れない学びや刺激をもらいました。

 

特に印象に残っているのは、1回目の渡航時、ひとつの部屋に集まって、夜中までみんなでそれぞれの思いを語り合ったこと。

 

思いや考えに対して、自分ごとの様に 真剣に考え、個性を認め、強みを引き出してくれるメンバーの気持ちに胸を打たれました。それと同時に、無理に今の自分を変える必要はない、このままでいいんだと思うことができ、ちょっとだけ自分を認めてあげることができました。

 

みんな真っ直ぐで、熱い思いを持っていて、多様性を受け入れ、お互いに認め合える仲間。尊敬でき、こうなりたいと思える仲間に出逢えたことがコープロでのいちばんの収穫だと思います。

 

プログラムで得られたもの・変化

キックオフ直後のメンバーとのランチ。

 

Co-Proに参加する前に抱いていた、キャリアへの疑問やモヤモヤが消えました。

 

年齢や周りからの見られ方など気にすることなく、自分の思いに素直に生きたい、自分の可能性を信じたいと思えるようになりました。

 

これはCo-Proに参加し、サブリナやチームメンバー、GEMSTONE伴走メンバーと出逢い、一緒の時間を過ごすことができたからこそだと思います。

 

そして思い切って一歩踏み出すことが本当に大切だと実体験として学びました。何が待っているかはわからないけれど、思い切って一歩踏み出すことをしない限り、何も変わらない。私はCo-Proに思い切って参加したことで、新たな道が開けたと感じています。

 

今後のキャリアが明確になった訳ではないけれど、方向性は見えたように思います。そして、自分の本当にやりたいこと、生きたい道に出逢う為に、今すべきことが見えてきました。今は大学の社会人講座と英語教室に通い始めました。

 

今後も常に挑戦し、学び、成長し続ける人生を歩みたいと思います。