トピックス

1970/01/01 新興国ソーシャルベンチャー共創プログラム
インタビュー

プロフィール

名前:寺澤のぞみ

チーム名:Heart Beating

共創社会起業家:WeCare.id

所属:人事コンサル企業 (コンサルタント) →独立・起業

経歴:早稲田大学卒業→不動産ベンチャー→人事系コンサルティングファーム→独立・起業

趣味:旅行、スノーボード、スポーツ観戦

座右の銘:今を生きる

年代:30代前半

参加した理由

WeCare.idチームとのオンラインMTG。

 

自身でも、海外でのフィールドワークを含んだトレーニングプログラムを企画、運営することが多々ありましたが、「社会起業家との共創プログラム」という未知の領域への魅力、またこういったグローバル規模での協力者を巻き込み、大胆な企画ができるGEMSTONEの理念やあり方に強く共感し、参加を決めました。

 

参加中に印象的だったこと

ワークショップでの1ページ。

①社会起業家と患者を目の前に

初めてWeCare.idの創設者でもあり、共同CEOであるギギさんや他の社員の方にお会いした時は、オープンで気さくで、私たちを歓迎してくださる姿勢にとても感動し、こちらも自分で思ってた以上のエネルギーが湧いてきました。

 

日本でこんなに自分がワクワク、やる気をだしたことなかったなって(笑。

 

その2日後に、WeCare.idを通じて寄付を求める、患者さんとそのご家族へのインタビューをさせて頂きました。数万円が払えず、治療を前に進めることができない現状を目の当たりにし、改めてWeCare.idが取り組んでいる事業の意義、社会起業家の意義を強く感じました。

 

 

②チームの団結とワークショップの実施

「初めまして」の状態から始まったチーム組成で、仕事の忙しさや家庭の負担もマチマチ。

でも、インドネシアでの体験や、このプログラム参加に至った経緯や想い、今後への希望など短い時間でものすごく密度の濃いコミュニケーションによって、強い信頼関係と「価値を生み出したい!」という共通の想いが醸成されていったのだと思います。

2回目の渡航では、WeCare.idのビジョンや戦略、業務の改善点を明確にしていくためのワークショップを実施したのですが、その前夜の準備、チームメンバーそれぞれが個性や才能を発揮しての深夜作業&ディスカッション。それらがバッチリはまった翌日のワークショップで、WeCare.idチームの想いやエネルギーが場に満ちていく様子は、きっと一生忘れないと思います。

 

チームの団結・支え合えた喜び、WeCare.idチームの想いに触れられたこと、異国の企業に価値が埋めた自信。たくさんのかけがえのないものをもらった時間でした。

 

プログラムで得られたもの・変化

ワークショップ前にチームメンバーと最終調整。

 

最初はわりと軽い気持ちでの参加だったけれど、図らずも人生の転機になりました。

 

コンサルタントとしての仕事は、やりがいもあり、自由度もあり、満足もしていた。でも何かが足りないなと心のどこかでいつも感じていました。

 

その答えが、自分の冒険心やミッション感にあったと気づけたのは、普段と全く違う環境で、普段であれば出逢うことのないような仲間と全力でアウトプットを追い求められたからだと思います。

 

自分の能力をフルに発揮することで、世界をよりよくするための原動力になる。新たな冒険、始めました!